僕の薄毛コンプレックスについて

薄毛で得をすることは何もありません。

 

一番困ったことと言えば、性格が消極的になってしまうことでしょう。
常に薄毛を見られているような気分で落ち着かないのです。
人から遊びに行かないかとお誘いを受けても、断ってしまうものです。
ピールで泳げば薄毛が目立ちますし、何より薄毛を気にしている以上は思い切って遊べません。
常に頭に意識が集中していて、周りにどう思われているのか気になってしまうのです。

髪が薄くなると老けて見られるのも本当です。
以前は年齢相応に見られていましたが、薄毛が目立つようになってからは実年齢より3〜5歳くらい老けて見られるのです。
同年代で髪がフサフサの男性と並ぶと、明らかに自分のほうが老けて見えます。

 

薄毛で困ったことは、メンタルも不安定になってしまうことでしょう。
見た目にもコンプレックスが生まれますが、それ以上に物事に集中できなくなるデメリットが大きいと感じます。
歯にコンプレックスを持っていると、うまく笑えなくなるのと似ているのでしょう。
コンプレックスは性格にも影響するので、早めに対策して治すべきだと思います。
特に薄毛はかつらで隠しても、今度は隠していることが気になるようになるので、
発毛治療というのはありだけど、まずは育毛剤とか育毛シャンプーだけでも工夫するとよいと思いますね。